FC2ブログ
Top Page > 映画評 > 「INCREDIBLE HULK」を観て

DEALER's SHOP BLOG

2018 11123456789101112131415161718192021222324252627282930312019 01
10.08 Mon

「INCREDIBLE HULK」を観て

はい、MCU 2作目「INCREDIBLE HULK」(2008年公開)。日本でのキャッチコピーは、「その力、ためらうな」。


2時間近くの作品になってくると、最近は吹き替え版で観ることが多いんですけど、HULUだと今作は吹き替え版の配信をしていなくて。調べたら、主役のハルク=ブルース・バナー役を水嶋 ヒロが演っていたようで、「まあ、なるほどな」という感じ(配役も、時代ですな)。後に合流する「AVENGERS」シリーズとの絡みでいくと、このブルース・バナー役をエドワード・ノートンが務めるのは今作のみ、以降はもっとおじさんのマーク・ラファロが務めるわけで、故にそもそもハルク自体のキャラクターも後の登場作品とは単に造形って意味だけじゃなくて、ちょっと印象が違いますね。本編の作りもちょっとトリッキーで、当のハルクがそもそも変態しちゃったきっかけ部分をダイジェスト的にしか見せない作りになっていて。冒頭10分ぐらいで早くも暗がりの工場での変態〜戦闘シーンが出てくるので、いきなりスリリングっちゃースリリングなんですけど、その辺は2003年にも別キャストで「HULK」が公開されたせいもあったのかもしれませんけど、ともあれ、故に今となっては全くの一見さんはお断り的な雰囲気が否めない気も。

作品としては、アボミネーションとのラストバトルこそ怪獣対決的な様相でややお祭り感がありますが、終始シリアスな重めのトーンで、「IRON MAN」シリーズが内包していた軽いノリは皆無。本来的に、ヒーローものに期待するような勧善懲悪な物語であったり、爽快感が薄くて、音楽的な分脈で語るべきことも正直あんまり無いですね...。


道場のマスター(?)として、ヒクソン・グレイシーが唐突に出てきたり、お約束のエンドクレジット後には、以降の作品の予告とばかり、「IRON MAN」のトニー・スタークも一瞬登場したのには少し驚きましたが。


お約束のスタン・リー登場シーンは、けっこう序盤。

個人的には、MCU作品の中でも評価低め...。


本日、「SAMPLING SOURCE/SOUL/FUNK/RARE GROOVE/JAZZ/FOR SAMPLE」をアップしました。

HEATH BROTHERS / LIVE AT THE PUBLIC THEATER(LP/US ORIGINAL)
ERIC GALE / PART OF YOU(LP/US ORIGINAL)
CAL TJADER / HERE(LP/US ORIGINAL)

最新入荷はこちらで。

スポンサーサイト