FC2ブログ
Top Page > 2018年11月

DEALER's SHOP BLOG

2018 101234567891011121314151617181920212223242526272829302018 12
11.25 Sun

時代が生んだ産物【8】


アントニオ猪木 / 燃える闘魂!!

80年代に量産されてた実況モノって、本当に何なんスかね...。こちらもプロレス実況レコードですが、新日本プロレスの人気選手の入場曲と実況がテレコで収録された珍盤。実況は、少し前にSALUとの越境ジョイント(?)”MAKE MY BRAND”を発表したばかりの古舘 伊知郎が担当していて、猪木 VS ラッシャー木村、VS キラー・カーン等、歴史的決戦を多数収録しているんですが、まあそちらには店主はあまり興味が無く。
盤の頭と終わりに、猪木の入場曲にして45は和モノA TO Z誌でも紹介された”炎のファイター”が収録されているので、もしかしたら本盤のみのテイクとか収録されてないかな〜って針を落とす前は淡い期待を持っていたんですが、まあ確かに45とは別テイクながら、イントロ短縮 + 猪木の掛け声(「ファイ!」)無しという、やや残念な仕様。
でもピクチャー盤のデザインが素晴らしいので、両面紹介しておきます。


ついでに、近年の和モノ・ブームの恩恵を受けて、地味に人気が上がっているような気がする(?)、MUROのREMIX盤も。



本日、「JAPANESE GROOVE」をアップしました。

笠井 紀美子 / TOKYO SPECIAL(LP/JPN ORIGINAL/帯無し)
上田 正樹 / 抱きしめたい(LP/JPN ORIGINAL/帯有り)
O.S.T. / 超時空世紀オーガス(LP/JPN ORIGINAL/帯有り)

最新入荷はこちらで。

スポンサーサイト
11.25 Sun

KID FRESINO"RETARDED" MV

11.24 Sat

日本語ラップ以前【6】


久保田 利伸 / TIMEシャワーに射たれて...

ステッカーの「BEAT TUNE KUBOTA SPECIAL」の文字も眩しい(でも、あんまり意味は分からない)、久保田 利伸の御存知、86年(昭和61年)作。日本のクラブ・シーン的な視点から考えても、ジャパニーズ・ブラコン・クラシックと言っていい傑作ですが、何気に本人のラップ入り!まあ、ラップの存在感の無さ(!)はともかく、ラップ入りで普通のポップスとしてヒットしたものとして振り返るなら、小沢 健二”今夜はブギー・バック”やDRAGON ASH”GRATEFUL DAYS”辺りに続く次点か、その次ぐらいに位置付けても良さそうな気さえ(EAST END”DA.YO.NE”辺りは抜かして)。
これまでは、「こんな楽曲にラップが!?」的な切り口で来ましたが、まあ直球なものも含めて日本語ラップの歴史、というわけで。


本日、「JAPANESE GROOVE」をアップしました。

黛 ジュン / 土曜の夜 何かが起きる(7”/JPN ORIGINAL)
サザンオールスターズ / YA YA(あの時代を忘れない)(7”/JPN ORIGINAL)
ハイ・ファイ・セット / 幸せになるため(7”/JPN ORIGINAL)

最新入荷はこちらで。

11.24 Sat

VAVA"ロトのように" MV

11.18 Sun

ZORN"CHILL OUT" MV

11.17 Sat

本日の脳内BGM【98】


KM / 夜のパパ

BAD HOPやKANDY TOWN辺りの新鋭のプロデュースを手掛けてきたKMの初のリーダー作「FORTUNE GRAND」からの一曲。田我流を迎え、繰り返される「夜のパパはイケてる」だったり、生活感溢れるリアルで等身大のリリックが、家族持ちのBボーイの涙腺を猛烈に刺激するであろう、タイトル通りのパパ・アンセム!個人的には、茂千代”HEY YONG WORLD”級が来たな、という感じ。
ちなみに。「FORTUNE GRAND」は、MURA MASA”LOVE$ICK”よろしくの”SURETA ANGEL”もなかなかでした。


本日、「日本語ラップ」をアップしました。

MOUSOU PAGER / 360°(THREE SCRAPPIN' STUFF)(7”/JPN ORIGINAL)
NITRO MICROPHONE UNDERGROUND / SPECIAL FORCE(12”/JPN ORIGINAL)
NITRO MICROPHONE UNDERGROUND / MISCHIEF(12”/JPN ORIGINAL)

最新入荷はこちらで。

11.17 Sat

SALU & 古舘 伊知郎"MAKE MY BRAND" MV

11.13 Tue

本日の脳内BGM【97】


スチャダラパー / CHECK THE WORD

98年作の7THアルバム「FUN-KEY LP」のリリース20周年記念で、PAYME周辺が異常なまでに熱を帯びている中、正直、スチャダラパーのキャリアで言うと、同作が取り立ててフェイバレットってわけでもなかった店主としては、イマイチ乗り遅れた感もあり。とは言え、まあアレもコレも最高だったわけで。
https://thepayme.bandcamp.com/album/fun-key-lp-20th-anniversary-unofficial-remixes
https://mu-stars.bandcamp.com/album/refun-key-ep

で、今さらながら「FUN-KEY LP」から敢えて一曲挙げるとしたらコレかなあ、みたいな。もちろん、”アーバン文法”は死ぬぐらい当時から聞いてましたけど。BOOKER T. & PRISCILLA JONESのモダン・ソウル”WILD FOX”を使用した原曲が最高であるという大前提のもと、トークボックスで自身の色に見事に染め上げた”CHECK THE WORD”(BTB特効 REMIX)も相当に素晴らしかった、ということで。でもまあ、BOSEの出だしの「YO!」の抜け感(?)は、やっぱり原曲ですね。

「FUN-KEY LP 20TH ANNIVERSARY UNOFFICIAL REMIXES」のジャケでガッツリと流用された、懐かしのRUN DMC”DOWN WITH THE KING”のUKのREMIX盤も添えて。



本日、「日本語ラップ」、「JAPANESE GROOVE」を中心にアップしました。

MICROPHONE PAGER / DON'T TURN OFF YOUR LIGHT(12”/JPN ORIGINAL)
桑名 正博 / マサヒロ2(哀愁トゥナイト)(LP/JPN ORIGINAL/帯有り)
RONNIE LAWS / FRIENDS & STRANGERS(LP/US ORIGINAL)

最新入荷はこちらで。

11.13 Tue

AKLO"COUNT ON ME" MV

11.11 Sun

BASI"愛のままに" MV