FC2ブログ
Top Page > 本日の脳内BGM

DEALER's SHOP BLOG

2018 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312018 11
09.16 Sun

本日の脳内BGM【96】


INCREDIBLE MC’S / A YO!BLUES

2009年に発表された、MUROのオフィシャル・インスト・ベスト・ミックス「DA CREATER」収録の唯一の新録音源が9年越しの45化ということで。
ラップはINCREDIBLE MC’Sとして、KGE(THE SHADOWMEN)、BES、そして神戸の雄、JAZZY BLAZEというメンツで、言わずもがな、故・左 とん平の和モノ定番”とん平のヘイ・ユウ・ブルース”のラップ・カヴァー。曲が曲だけに、(ミックスでは未公開だった)インストの収録も良し。この辺の昭和歌謡をネタにするだけでは飽き足らず、(単にカヴァーならまだしも)新解釈でラップ・リメイクしちゃうパターンは、後にも先にもまだ無い気がしていて。(ダサかったら、まあアレなんですけど)それが及第点を超えてくる出来となると、日本語ラップ史観的に考えてもなかなか興味深いなあ、と。


本日、「HIPHOP」を中心にアップしました。

S.C.C.(SOUTH CENTRAL CARTEL) / U GOTTA DEAL WIT DIS(12”/US ORIGINAL)
BISHOP LAMONT / IT'S BISHOP(12”/US PROMO)
EMINEM / STAN(12”/US PROMO)
野口 五郎 / パレード(LP/JPN ORIGINAL/帯有り)
茂千代 / SIR OWL(CD/JPN)

最新入荷はこちらで。

スポンサーサイト
08.19 Sun

本日の脳内BGM【95】


ARETHA FRANKLIN / ONE STEP AHEAD

8月16日に闘病の末、亡くなったARETHA FRANKLINの死を惜しんで、オリジナル・アルバムには未収録だった名曲を(写真がベスト盤ですいません...)。
元々はCOLUMBIA期に45のみで発表された一曲ですが、MOS DEF”MS. FAT BOOTY”で使用されて以降、BLU & EXILE”THE ONLY ONE”やTYRESE”TAKING FOREVER”、DANILEIGH”ALL I KNOW”辺りに加え、原曲自体もFEATURECASTがエディットしたり、ヒップホップ世代にはお馴染み。
”RESPECT”だったり、”ROCK STEADY”、”DAY DREAMING”、”THINK”等のクラシックもさることながら、ニュースを見た時に瞬時に脳裏に流れてきたのは、なぜかこの曲だったんだよなあ。R.I.P. ARETHA FRANKLIN...。


本日、「JAPANESE GROOVE」をアップしました。

井上堯之バンド / SUNRISE "組曲"太陽にほえろ!'76(LP/JPN ORIGINAL/帯有り)
O.S.T. / 海のトリトン(LP/JPN ORIGINAL/帯有り)
草刈 正雄 / ファースト(LP/JPN ORIGINAL/帯無し)

最新入荷はこちらで。

08.13 Mon

本日の脳内BGM【94】


漢 / SHOUMEI

今更ながら。オリジナル・バージョンは、DJ NOBU(A.K.A. BOMBRUSH)の日本語ラップ・ミックス「BLACK FILE THE BOMBRUSH SHOW 3」の撮り下ろし音源として2014年に発表済みだったものですが、すぐ後に発表された自身名義でのEP「9SARI」にも別テイクが収録されていたのは、実は最近知りました(不覚)...。
オリジナル・バージョンも透明感のあるエモーショナルなビートで及第点以上の出来ではあるんですが、同じくエモーショナルな雰囲気でも、今となっては後の”おい!BOY”や”分岐点”辺りのプロト・タイプにも聴こえるような「9SARI」バージョンが美味。ベテランならではのリリックは、何度もリピートしたくなるような深みがあります。

オリジナル・バージョンにはMVも有り。




本日、「日本語ラップ」、「JAPANESE GROOVE」を中心にアップしました。

SHEEF THE 3RD / BACKA(12”/JPN ORIGINAL)
ハイ・ファイ・セット / 卒業写真(7”/JPN ORIGINAL)
DJ DENKA / STINKY FEELING(MIXCD/JPN)

最新入荷はこちらで。

07.27 Fri

本日の脳内BGM【93】


RYKEY / TOKYO

で、RYKEY連発。2018年の、とは言っても元々は2016年に発表されるはずだった3RDアルバム「JOHN ANDERSEN」からの一曲。RYKEYは、AKLO”RED PILL”(ONE YEAR WAR REMIX)での登場以降、草刈 正雄の娘、紅蘭との交際報道〜逮捕劇だったり、加藤 紗里”ガリガリサリ”への客演だったり、これまでは楽曲それ自体と言うよりも芸能関係が先行する話題がほとんどだっただけに、個人的には正直、あまりピンと来てなかったんですけど、御見逸れしていました。
RYKEYは(独特の声ではあるけど)通るわけじゃないし、(例えばSALU辺りと比べて)フロウが特別巧みってわけでもなく、明らかにリリックやトピック選びの面白さで勝負するタイプなのかな、と。確かに漢やD.O辺りとタメを張れるぐらい、今、ハスラー視点で「東京のリアル」を歌える数少ないMCの一人だと思います。


本日、「日本語ラップ」をアップしました。

MICROPHONE PAGER / 病む街(12”/JPN ORIGINAL)
MURO(FOR MICROPHONE PAGER) / STREET LIFE(12”/JPN ORIGINAL)
MELLOW YELLOW / 食わず嫌い(12”/JPN ORIGINAL)

最新入荷はこちらで。

07.23 Mon

本日の脳内BGM【92】


RYKEY / PAPER

紅蘭との交際報道で、一般層にまで一気に名を轟かせたソロマイカー、RYKEYの2015年のデビュー作「PRETTY JONES」から。数日前、紅蘭の妊娠報道が出て、そのお相手であるRYKEYの楽曲で、パッと頭に思い浮かんだのが”PAPER”のライン。

「何の真似?50万ある これで娘と会わないでくれ
俺は何の迷いもなく受け取ったキャッシュ それでいいなら」

紅蘭の実父、草刈 正雄と本当に起こったやりとりだったとしたら、今となってはドラマティック(その上、金は受け取ったみたいだからゲスでもある)!
昨今のフリースタイル・ブームのおかげで、シーンにも一時に比べれば芸能方面でも戦えるメンツが増えたものの、フリースタイル云々を抜きに己のスター性のみで、って話なら、今でもD.Oか彼か、次点でANARCHYぐらいか?報道では年内に結婚するような話もあるみたいだし、そういう意味でも、今このままの勢いでアーティスト活動もプライベートも、突っ走って欲しいスね。


本日、「日本語ラップ」をアップしました。

BUDDHA BRAND / DON’T TEST DA MASTER(12”/JPN ORIGINAL)
NIPPS / ISLAND(12”/JPN ORIGINAL)
キエるマキュウ / バットウカスミ斬り(12”/JPN ORIGINAL)

最新入荷はこちらで。