FC2ブログ
Top Page > 日本語ラップ以前

DEALER's SHOP BLOG

2018 11123456789101112131415161718192021222324252627282930312019 01
11.24 Sat

日本語ラップ以前【6】


久保田 利伸 / TIMEシャワーに射たれて...

ステッカーの「BEAT TUNE KUBOTA SPECIAL」の文字も眩しい(でも、あんまり意味は分からない)、久保田 利伸の御存知、86年(昭和61年)作。日本のクラブ・シーン的な視点から考えても、ジャパニーズ・ブラコン・クラシックと言っていい傑作ですが、何気に本人のラップ入り!まあ、ラップの存在感の無さ(!)はともかく、ラップ入りで普通のポップスとしてヒットしたものとして振り返るなら、小沢 健二”今夜はブギー・バック”やDRAGON ASH”GRATEFUL DAYS”辺りに続く次点か、その次ぐらいに位置付けても良さそうな気さえ(EAST END”DA.YO.NE”辺りは抜かして)。
これまでは、「こんな楽曲にラップが!?」的な切り口で来ましたが、まあ直球なものも含めて日本語ラップの歴史、というわけで。


本日、「JAPANESE GROOVE」をアップしました。

黛 ジュン / 土曜の夜 何かが起きる(7”/JPN ORIGINAL)
サザンオールスターズ / YA YA(あの時代を忘れない)(7”/JPN ORIGINAL)
ハイ・ファイ・セット / 幸せになるため(7”/JPN ORIGINAL)

最新入荷はこちらで。

スポンサーサイト
05.28 Sun

日本語ラップ以前【5】


山田 邦子 / 邦子のかわい子ブリっ子(バスガイド編)

クレイジー・キャッツ~ドリフターズ辺りのコミック・ソングからの流れなのか、80年代には芸人が(実験的な)楽曲を発表することが当たり前。中には侮れないものも多くて、本作もそんな一枚。CHIC"GOOD TIMES"を明らかに意識したビートは、なんとSPECTRUMメンバーの演奏によるもの。そりゃ、しっかりしてるはずだわ。
もはや耳障りの域でとても聞いてられない山田 邦子のギャグの応酬(ここがラップ的、なんだけど)はともかく、インストは"GOOD TIMES"のRE-EDIT感覚で美味。
2010年代には、P-VINE発のV.A.「ラップ歌謡曲(第2弾) あの娘にカセットあげよう」にも収録済み。


本日、「SAMPLING SOURCE/SOUL/FUNK/RARE GROOVE/JAZZ/FOR SAMPLE」をアップしました。

PAT METHENY GROUP / S.T.(LP/US ORIGINAL)
ERIC GALE / GINSENG WOMAN(LP/US ORIGINAL)
ERIC GALE / MULTIPLICATION(LP/US ORIGINAL)

最新入荷はこちらで。

01.31 Sun

日本語ラップ以前【4】


岡林 信康 / ホビット

岡林 信康の73年(昭和48年!)作「金色のライオン」から。かつてのEYESCREAM誌のMUROと猪野 秀史の対談で、「恐らく、これが日本で最初のラップ」と紹介されたことでも知られ(?)、当時の学生運動の熱をストーリーテリング的に伝えてくれる実験的な内容。ちなみに、タイトルの「ホビット」は学生運動家の溜り場になっていたらしい飲み屋の名前だそうな。
田我流と在日ファンクの浜野 謙太の対談(LIQUIDROOM)でも話題に挙がったりして、何気に日本語ラップ~和モノの文脈では外せない一曲になりつつある?和モノA TO Z誌でも紹介されました。


本日、「JAPANESE GROOVE」をアップしました。

O.S.T. / 海のトリトン(テーマ音楽集)(LP/JPN ORIGINAL/帯有り)
O.S.T. / 装甲騎兵ボトムズ BGM集 VOL.1(LP/JPN ORIGINAL/帯有り)
O.S.T. / 汚れた英雄(LP/JPN ORIGINAL/帯有り)

最新入荷はこちらで。

08.22 Sat

日本語ラップ以前【3】


佐野 元春 / COMPLICATION SHAKEDOWN

84年(昭和59年)発表!メジャーのEPICから発表された割には、現時点でそれほど顧みられていない気も。
単身渡米し、ニューヨークですでに流行していたというヒップホップにインスパイアされ、現地で録音したという本作は、HERBIE HANCOCK"ROCK IT"辺りに感化されたであろうプロダクションに、小気味良いラップを披露。
正直、そんなにインパクトがあるラップでもないけど、日本音楽史においても歴史的一曲と言えるはず。


本日、「JAPANESE GROOVE」をアップしました。

長谷川 きよし / PORTRAIT OF KIYOSHI HASEGAWA(透明なひとときを)(LP/JPN ORIGINAL/帯無し)
O.S.T.(大野 雄二 & HIS PROJECT) / PROOF OF THE MAN(人間の証明)(LP/JPN ORIGINAL/帯有り)
V.A. / NEMU JAZZ INN(THE 7TH NEMU JAZZ INN LIVE)(LP/JPN PROMO)

最新入荷はこちらで。

07.20 Mon

日本語ラップ以前【2】

IMG_3287.jpg
C-C-B / ないものねだりのI WANT YOU

86年(昭和61年)発表で、いとう せいこう & TINNIE PUNX「建設的」と同年ですが、「良し」とさせていただきます。
C-C-Bと言えば、やっぱりテクノ歌謡クラシック(?)として知られる"ROMANTICが止まらない"一発のイメージが強いですが、後年にはラップも取り入れちゃってました。82年の結成当初はCOCONUT BOYSという名義で、和製ビーチボーイズを狙ったらしいですが、リリースを重ねる毎にテクノ~ラップにまで食指を伸ばす雑食振り...、別にどうでもイイけど。
何気に、85年に発表した5THシングル"LUCKY CHANCEをもう一度"には12"が存在していて、そこには早くもメガミックス(!)手法まで果敢に取り入れています。奇抜なファッション・センス然り、目新しい/流行りものは、とりあえず何でも試してみるチャレンジ精神が旺盛な人達だったのね。
"ROMANTICが止まらない"の二匹目のドジョウこそいなかったけど、楽曲としてはなかなか良く出来ていると思います。2010年代には、P-VINE発のV.A.「ラップ歌謡曲(第2弾) あの娘にカセットあげよう」にも収録済み。


本日、「JAPANESE GROOVE」をアップしました。

野口 五郎 / グッド・ラック(7"/JPN ORIGINAL)
大上 留利子 / 大阪で生まれた女(7"/JPN ORIGINAL)
布施 明 / 恋のサバイバル(I WILL SURVIVE)(7"/JPN ORIGINAL)

最新入荷はこちらで。